日本巡礼でのクリスタル・リーディング日程を
事前にご案内します。お申し込みはこちらへ→
お名前 メールアドレス

私たちの人生に問題が発生するしくみ

子どもは、生まれてから5才ぐらいまでの幼少の時期に、「私」という感覚が育まれます。

言語能力を獲得する前から、子どもは親から、無自覚にどういう人であるべきかを意識の最も深いところに取り入れています。

もし親が、親自身の生い立ちの過程で傷つけられた感情の歴史を癒していないと、
その問題がそのまま子どもに引き継がれ、子どもはその問題を「自分」であると感じるようになります。

例えると、そのような問題を自分の人生に引き寄せて、無意識に安心するようなことになるのです。

子どもが成長し、大人になり、他人からはそれがどんなにひどい問題に見えても、本人は無意識のうちに問題を引き寄せ続けます。
また他にもいくつかの要因が絡み合って、人生に問題として現れるようになります。

そして今この現在においても、私たちはまるで過去に生きているかように、そこにとどまってしまいますが、
それは何故なのか知ることができません。

人として、私たちは人生の問題に苦しみ続けることができます。

例えばうつ、自分や他人への暴力、虐待、自殺願望、無気力、引きこもり、アルコールやドラッグといったものへの依存、性の問題、人間関係、不登校、万引き、過食、拒食・・・まだまだ、様々な苦しみがあります。

最終的にもし私たちが意識的になり、自分を癒すことに目覚めたなら、
私たちは目の前のベールとして立ちはだかる、生い立ちの歴史の先にある、今この時を生きる人生へと導く道を見つけることでしょう。

私たちは、先代から受け継がれている過去の負の連鎖に対して責任を持ちます。

自分の感じていることに対して正直であること、
そして現在に在ること、
考えや感情の条件反射的な反応から自由であることを、意識的に選択することで、
私たちはこの瞬間を、その自然なままの、その美しさの中で味わうことができるようになるのです。